■ カリフォルニアワイン商品一覧はこちらよりご覧頂けます≫≫ ギフト対応 >> 【喜ばれる御祝 御礼 内祝など祝儀の品として】 結婚式引き出物・結婚祝い・結婚内祝い・出産祝い・成人式祝い・快気祝い・引っ越し祝い・卒業式・入社祝い・お誕生日プレゼント・パーティープレゼント包装【季節の贈り物として】 母の日・父の日・お中元ギフト・敬老の日・ハロウィン・お歳暮・クリスマスプレゼント・ゆく年くる年新年のご挨拶・お年賀・新春ごあいさつまわり・成人の日・本命バレンタインデーラッピング・義理チョコ・ホワイトデー・冬ギフト・人気のセット 【手土産やお心づかいとして】 御祝・御礼・ご挨拶SALE・粗品・ご贈答品・贈答用ギフト・進物・お返し 【海外旅行のお土産にも】 アメリカ土産・海外土産・おみやげ 【イベント用として】ゴルフコンペ景品・ベスグロ・参加賞・バーディ賞・忘年会・新年会・記念品高級産地の果実を融合しワンランク上の味わいを実現冴えるブレンドの妙技で「良質」と「お値打ち」を両立させたバリュー・フォー・プライスの鑑《ジョエルゴット・ワインズ》 Joel Gott Wines ※送料無料お試しセット有り 名門ジョセフ・フェルプスに高級生産者のクインテッサを卒業したサラ・ゴット女史の醸造。

その様な背景もあり、かつて初代エージェントが初めて輸入した際、「サラ・ゴットがこんな価格のワインを造った!」とセンセーショナルに扱われたものです。

ここのコンセプトは一風変わっています。

創業者はナパの名門。

拠点もナパ。

なのにナパ・ヴァレー産をほとんど手がけません。

実力者だからこそ可能とする「クロス・リージョナル・ブレンド」の手法を基に、こだわりを細部まで貫けば、これだけの上級品質が実現できるというお手本のような品々です。

ワインスペクテイター誌上で「偉大なる価値」(GREAT VALUE)と讃えられるなど、コストパーマンスの高さはかねてよりお墨付き。

ディープな愛好家からカジュアル志向の方まで幅広い支持を得ており、今や人気生産者としての地位を揺ぎ無いものとしています。

《ジョエルゴット》 カベルネソーヴィニヨン 815 カリフォルニア ロバート・パーカー氏が最も高く評価するジョエルゴットを品種別に見ると、最上位はカベルネソーヴィニヨン。

他のジョエルゴットには無い命名から、思い入れの深さは一番でしょうか?「815」とはオーナーの愛娘の誕生日に由来します。

年により幾らかの差はあるも、ナパ・ヴァレー|ソノマ|ロダイ|レイク・カウンティ|パソロブレスといった有望産地の果実を採用。

多産地の果実を融合させることで、それぞれの個性が複雑に絡み合い、結果として費用対効果の高い深い味わいが醸し出されているわけですが、ナパ・ヴァレー産の内容についてはちょっとした驚きもあります。

ある年に選ばれたナパヴァレーの果実はハウエル・マウンテン産。

比率は不明ですが、そもそも5,000円未満のカベルネに用いられる産地ではありません。

▼ 各産地が導く性格をジョエルゴットは次のように述べます。

1) ナパヴァレー:強烈な風味と熟成させるに値するタンニンの生成2) レイク:同郡内の上級地区、レッドヒルズAVA産を選定。

黒曜石を含む火山性土壌からのミネラル感3) パソロブレス:テクスチャーとセントラルコースト特有の豊かなフルーツ4) モントレー:同郡内で最も温暖なヘイムズヴァレーAVAを選定。

良好な風味と熟れた果実味「各ロットは個別に管理。

ブレンド比率は、味わいのバランスを確認しつつ決める。

モカ、ローストされた青い果実、プラム、チェリースパイスの香を伴い口中では甘美。

味わいの中間領域には引き締まったタンニンにより構造がもたらされ、長く釣り合いのとれた余韻へと続く。

」(ジョエルゴット)発酵:ステンレスタンク|熟成:ステンレスタンク+25%はアメリカンオークの新樽 ■ 重みある味わいは単体で飲む面白さも兼ね備えます。

【品種構成】カベルネソーヴィニヨン100% Cabernet Sauvignon【原産地呼称】米国カリフォルニア州 | California, USA【タイプ】[赤] フルボディ Full【内容量】750ml 「ナパでカジュアルレンジを手掛ける」とは何ゆえ? ナパ・ヴァレー訪問者の多くが立ち寄る現地人気No.1カジュアルレストラン、“Gott's Roadside”(旧名Taylor's Refresher)。

いつも長蛇の列で泣く泣くあきらめた経験のある人も多いこの人気店をはじめ、ジョエル・ゴットはカリフォルニア州内で幾つものレストランを運営し人々の舌を楽しませる。

そのような背景からも、ワイン生産者としての彼らが抱くモットーは、「日常の食卓に彩りを添えるフードフレンドリーなワイン」。

その為には「普段飲み価格」に加え、飽きのこない味わいも必須である。

「ナパ・ヴァレーの名門一家」だらからこその妙義 創業者はワイナリー名に等しくジョエル・ゴット。

醸造は妻のサラ・ゴットが担う。

名門ジョセフ・フェルプスに高級生産者のクインテッサ。

これらはいずれもゴット家に嫁ぐ前のサラ女史が醸造に携わった先々。

華々しい経歴を誇る醸造家がナパの大物ワイナリーを卒業し、やがてナパ以外を手掛ける。

それはまるで、土地がワインを造ってくれるナパに背を向け、腕試しの旅に出るかの様である。

ゴット・ファミリーとは、ナパ・ワイン産業の名門一家。

ジョエルゴットのワインは、オーパス・ワンの北隣にある共同醸造場(カスタムクラッシュ)、ナパ・ワイン・カンパニーで産声を上げた。

そこで長く現場の最高職位(セラーマスター)にいた醸造家がジョエル・ゴットの実父、ケアリー・ゴット-Cary Gott-。

嫁(サラ)+義父(ケアリー)=もはや鬼に金棒状態である。

【生産者概要】「女帝」ヘレン・ターリーがコンサルティング・ワインメーカーであった頃のブランキエにパルメイヤー。

「ワイン造りの女神」ハイジ・バレット時代のジョーンズ・ファミリーにショウケット(ピーター・マイケル オーパラディの元所有者)。

一頃は奪い合いが起こったソーヴィニヨンブランを擁するクロッカー&スター等々。

これらはいずれも、自社設備を持たずにいた頃にナパ・ワイン・カンパニー(Napa Wine Co.)でワイン造りを進めた。

「カルトワイン・セントラル」とも呼ばれるその場所から産み出された中には、高額取引されるカルト銘柄も珍しくない。

「名前貸し」のタレント醸造家に代わり、Napa Wine Co.に常駐する正味の監督者がケアリー・ゴット。

(ちなみに後任者はゴースト・ブロックのロブ・ローソン) フリー転向後のケアリー・ゴットは醸造指南を求める声に応え、プランプジャック(RP100点生産者)、シャペレー(同RP100)、オークション高額落札組のDRスティーヴンスといったプレミアム生産者のコンサルティング・ワインメーカーも歴任した。

息子のジョエルは、レストランチェーンの運営など事業家としても活躍する。

“ブラッシュ・ジンファンデル”を広めた老舗にサター・ホームがあるが、その設備を買収し、共同醸造場を稼働させたのもジョエルであった。

現在、自社が所有するその新たなカスタムクラッシュでジョエルゴットのワインは造られる。

【クロス・リージョナル・ブレンドの妙義】ナパやソノマの果実を選べば、然るべくして質の高いワインが生み出される。

だが、中には「有名産地=売れる」の図式から、果実の取引価格を釣り上げるグロワーもいることから、ジョエル・ゴットではそれを良しとはしない。

とかく高額となりがちな名の通る産地に代わり、彼らが着目した先は、見落とされがちな「穴場」の優れた畑。

知名度は低くとも、実力ある栽培家は広い州内の至るところに点在する。

有能で真面目なグロワーと契約を交わすことで安定品質を実現させたジョエルゴットだが、そこに求められるはブレンド時の官能検査能力を始めとするレベルの高いスキル。

産地毎の良さを巧みに引出し、相乗効果を生む彼ら特有のクロスリージョナル・ブレンドは、幾つものワイナリーで醸造を請け負ったゴット・ファミリーだから成せる業とも言える。

▼ 以下はシルバーオークの名物オーナー、レイ・ダンカン氏が来日時に残した言葉です。

「シングルヴィンヤードワイン(単一畑)こそが上級品質の必須条件では無い。

むしろ様々な性格をうまく組合せることができたならば、より一層と複雑味のあるワインに仕上がる。

このことは長年の試験で実証済み。

だから我々はかつて手掛けたシングルの生産を止めた。

」 似る例の中には、有力批評家より型破りな評価を授かるカルトワインも現れるなどして、近頃は「大きな産地名」を表記する場合でも素晴らしいワインに成り得るとの認識も増します。

ジョエルゴットの考え方もまた「良いとこ取り」とポジティブシンキング。

そのおかげで「下手なブランド産地の高額品」にはない満足感を得られるのですからうれしい限りです。

カジュアルからフォーマル志向まで、多様な場で認められる価値あるワインです。

※ Joel Gott参画の2'nd格 スリーシーヴズは千円台でご利用可能です。

(こちら>>)

レビュー件数1
レビュー平均5.0
ショップ カリフォルニアワインあとりえ
税込価格 3,111円